Milton_Glaser

簡潔にして明瞭です。しかも現代的。
デザイナーとアーティストは同じものと見なす一般的な誤解に対しての反論です。

「デザインとは、現状から望ましい状態へと移行するためのプロセスです。これはアートとは何の関係もないことです。」

アートの力は神秘的で推し量ることはできないが、デザインの価値はクライアントの目標で測ることができるとも話しているそうです。

講演のなかでミルトン・グレイサーが、ウェブサイトを創造的なプロジェクトとして取り上げているのは嬉しいことです。

くわしくはこちら >>
Graphic Design Icon Milton Glaser Cleverly Explains Why ‘Design Is Not Art’

関連記事
ミルトン・グレイサーが語る、クラウド・ソーシングでデザインを決定することがどのようにデザインをダメにするか。

トランプが大統領になる時代。デザイナーはいま何をするべきか。

2017年7月13日 デザイン

ワールドワイドな大手広告会社の8万人の従業員の創造性を引き出すAIアシスタント・ツール。
AIと機械学習を利用して、国境を越えて才能を活かすプラットフォーム・・・。
だそうですが・・・・なんだかよくわかりません。

そういうツールがあったら便利でしょうし、実際にできそうな感じもします。でも、AIと機械学習だったら導入直後はカオスなことになるのかも。

どうかわかりませんが、ネタっぽい感じもしてます。
ピュブリシスってこういう自社PRをやる会社だし。

関連記事
フランスの広告会社ピュブリシスのCEOが来年のビジョンを語るような退屈な映像こそスキップされるべき

くわしくはこちら >>
ピュブリシスの壮大なAIプロジェクトに当惑する広告業界:「マルセル」とは何か?

future_of_design_books

どれも日本語訳はなさそうですが、おもしろそう。
この夏の課題図書という感じでしょうか。
それぞれの本の内容よりも、どれも、データ、アルゴリズム、UX/UI とそのテクノロジーについての本だということに驚きます。これからのデザイナーの仕事の中核はこういうことになっていくということかも。

『数学の破壊兵器:どのように大きなデータが不平等を高め、民主化を脅かすか』
mass と math の語呂合わせのようです。
ブラックボックスになってるアルゴリズムが社会の不平等を広げていると指摘してるそうです。

『新しい都市の危機:都市が不平等を高め、分離を深め、中流階級が失敗する方法』
「創造階級(クリエイティブ・クラス)」という人たちによる都市計画に疑問を呈する内容のようです。

『Whiplash(鞭打ち):速い未来に生き残る方法』
MITメディアラボの伊藤穰一の著作。テクノロジーとテクノロジーが拓く未来の社会像のお話のようです。

『Play Anything:制限の楽しさ、退屈の使い途、そしてゲームの秘密』
ゲームデザイナーのイアン・ボゴストさんの本。
ゲーミフィケーションのことではなく、UX/UIの観点に役立つような内容のようです。

『データとゴリアテ:あなたのデータを収集しあなたの世界をコントロールする隠された戦い』
著者はプライバシーとセキュリティの専門家。
デザイナーの仕事がディストピアな監視社会の片棒を担ぐようなこともあるのかも。

紹介を読んだだけで、こういうことに理解を深める必要がある気がしてきました。勉強しないと。

くわしくはこちら >>
『Want To Understand The Future Of Design? Read These Books』
https://www.fastcodesign.com/90124464/want-to-understand-the-future-of-design-read-these-books

2017年7月9日

このショートフィルムはキュートな大作だけど、ここ数年の映像制作って軽く早くなってる感じ。
そういうのが良い方向に向かってほしい。

2017年7月6日 映像・映画

かっこいいプロモーション映像。
ハイテクで快適でスポーツな感じ。

ヨーロッパで展開されたキャンペーンで、カンヌ広告賞を受賞したそうです。
手掛けたのは、デザイン&モーション スタジオの ManvsMachine
http://mvsm.com

ということで、メンフィス・グループを紹介してる動画。
メンバーのインタビューもあって勉強になります。

素晴らしいアイデアのヒドいチェアとか、すべてがジョークであるような態度とか、80’sのデザインのやり過ぎな雰囲気が少し納得できます。

メンフィス・グループのデザインはいまも好きです。

memphis_group

くわしくはこちら>>
The origin of the ’80s aesthetic
https://www.vox.com/videos/2017/6/27/15879660/80s-aesthetic-memphis-design

2017年7月4日 デザイン

yahoo_categoly_01

ずっとまえに、なにかの本でこんなことを読んだ記憶があります。

分類された情報を探索することの方が検索エンジンよりも目的の情報が早く見つかる場合がある。
それでも多くの人がまず検索エンジンを利用するのは、キーワードを入力するとすぐに答えが出るというレスポンスの早さによって効率的だと感じられるから。
目的の情報を見つけるまでのトータルの効率においては検索エンジンはユーザーが感じているほど効率的ではない。

検索エンジンがまだそれほど優秀でなかった1990年代はそういうこともあった気がします。
いまの検索エンジンは超優秀になったけど、広告やSEOや規制とかで、必ずしも効率がいいわけではないです。

情報の分類が面倒に感じられて、タイムラインに流れてくる断片的な情報に素早いレスポンスを期待するようになってるなら、ちょっと休んだほうがいいのかも。

Yahoo!カテゴリからのお知らせ >>
https://dir.yahoo.co.jp/info

2017年7月1日 メディア

GRAPHCORE社は機械学習を効率化する インテリジェント・プロセッシング・ユニット(IPU)を開発したそうで、これによってAIのパフォーマンスは10倍から100倍になるそうです。
・・・といったような難しいAIをフレンドリーにしてくれるアイデンティティ。そういうデザインを実現してます。

名刺などには「シェイプ・ジェネレーター」というプログラム(これはAIではなさそう…)によって生成された形態でデザインされてるようです。

カスタム フォントはタイプする人の解像度に応じてダイナミックに字形が変わるらしいです。
誰がタイプしたのかの痕跡が残るフォントっていうには、ちょっと新しいかも。

こういうアプローチのデザインはこれから増えることになりそう。
勉強しておかないと。

GRAPHCORE のサイト >>
https://www.graphcore.ai/
それにしても、この会社はスゴいかも。お金があったら株買いたい。

くわしくはこちら >>
https://www.creativereview.co.uk/hudson-powell-pentagram-graphcore-ai/

Pentagram >>
http://www.pentagram.com/#/projects/139032

GRAPHCORE_01

GRAPHCORE_02

GRAPHCORE_03

GRAPHCORE_04

Lucy_Sparrow

アーティストの Lucy Sparrow さんの作品
マンハッタンに期間限定のようですが 8till late という実在のお店を構えて展示したそうです。

ひとつひとつの商品はとても手間が掛かってそう。
コンビニとハンドメイドの取り合わせが21世紀のポップなのかも。

フェルトでできた商品はサイトから購入できるようです。

Lucy Sparrow さんのサイト >>
http://www.sewyoursoul.co.uk

2017年6月26日 アート

Block_Bills_001

Block_Bills_002

Block_Bills_003

アーティストのMatthias Dörfeltさんの「 Block Bills」という作品。
ビットコインのブロックチェーンのデータからジェネレイティブに生成されたデザインに「Satoshi」のサインが入ってます。紙幣に描かれる肖像は著名な誰かではなく抽象的で匿名的。ビットコインに相応しいです。

ビットコインは、かつてのインターネットのように、現代に生きる人の価値観を大きく変えるかもしれないし、P2Pのようにネガティブなイメージにまみれて人の話題から消えてゆくかもしれません。

テクノロジーの未来と人の価値観を表現してる、いいプロジェクトだと思います。

Matthias Dörfeltさんのサイト >>
http://www.mokafolio.de

Block Bills >>
http://www.mokafolio.de/works/BlockBills

2017年6月23日 アート