Its_OK_Book_01

Its_OK_Book_02

Its_OK_Book_03

ロサンゼルスのデザイナー/クリエイティブ ディレクターの Ozan karakoc さんのポートフォリオ。
OK. はイニシャルでもあるようです。

本のデザインも良いですが、
なによりもブランディングにおいて「It’s OK.」という姿勢がとてもいいと思います。

Ozan Karakoc Design Studio, Inc. / Portfolio — It’s OK Book >>

Benedict_Evans_Toy_Story

1995年のトイ・ストーリーのレンダリング環境についてのBenedict Evans さんのツイート。
「1995年のピクサーのレンダーファームの処理能力はiPhoneの半分程度だった。」

当時のたぶん世界最大のレンダリング環境ですら今日のiPhoneの半分程度の処理能力ということのようです。すごい進歩。

トイ・ストーリーの3Dのすべてのデータを合計したファイルサイズが9テラバイト(だったかな?)という記事を読んで、初めて「テラバイト」という単位を知りました(笑)

ところで、今日はティム・バーナーズ=リーによってWWWが一般に無償公開されて25周年だそうです。

当時、公開前のトイ・ストーリーの制作段階の動画ファイルがインターネット上に公開されていました。
当時の「モデム」で繋いだインターネットで、丸1日かけてその動画ファイルをダウンロードした記憶があります。

やっとダウンロードした小さな動画ファイルを見て、その制作のクオリティの高さに衝撃を受けました。
独自の手法をとことんまで磨き上げて完成させていることに、これは絶対に敵わないと思い知らされました。

Gigazine『トイ・ストーリーのCG生成に使われたマシンはiPhone6の半分程度の性能』>>

2016年8月24日 映像・映画

TheBauhaus_Harvard

記録しておきたい素晴らしいアーカイブ。
いままでネット上で無料公開されたバウハウスアーカイブのなかでも最大ではないでしょうか。

バウハウスのスゴいところは、100年後のいま見ても「普通」に見えます。
当時の日常風景のなかでこれらのデザインは極度に先鋭的だったことでしょう。
バウハウスのデザインとその理論が「必然」として産業と生活のなかに受け入れられ、いまも受け継がれているのは20世紀の奇跡だと思ってます。

The Bauhaus | Harvard Art Mueums >>

関連記事はこちら

『あのバウハウスのゼミで使われていた教科書がデジタル化されて無料配布中』>>

『バウハウスの歴史を2分にまとめたムービー』>>

SUBWAY_logo

15年ぶりのリニューアルだそうです。
フチどりはなくって、斜体から正体になって、シンプルになりました。
シンボリックは矢印はそのまま。

さらに「S」と矢印の組み合わせて、SNSやアプリ向けのシンボルマークも設定。
いまどきのリニューアル。

SUBWAYのロゴの変遷はこちら >>
この変遷を見ると、今回のロゴは70年代のデザインの近いのかも。

wia_2016

The AOI(The Association Of Illustrators)主催の ワールド・イラストレーション・アワード 2016 のショートリスト。見応えありそう。

時間をかけて、じっくり見てみたい。

くわしくはこちら>>

クラブっぽいというか、どこかサイケデリックな感じ。
音楽のライブの空間がVRで配信されて、観客は自宅でゴーグルをつけてライブを見るようになるのかも。
もしそうなら、試してみたい。
オモチャとしてもおもしろそう。

もともとの『Tilt Brush』はこちら

ツールというよりも、エンターテイメントっぽく進化した感じ。

看板制作の仕事からソール・バスにつきまとって(?)映画タイトルの仕事へ・・・。
スターウォーズ、エクソシスト、タクシードライバーなどの映画タイトルをデザインしてきた本当の叩き上げ。日本語字幕がほしいです。

現代の若いデザイナーの多くは、早い時期に自分の技術とその領域を規定する傾向にあるような気がします。
Dan Perri くらいの世代のデザイナーは別領域のデザインに独自のアプローチで関わっていって、そこに自分のポジションを作ってきたような気がします。
そういった人間的なたくましさを見習いたいところです。

仕事場の雰囲気も最高。

tokyo-denmark

都知事も新しくなったので、東京のアイデンティティを考える、いいタイミングではないかと。

石井大五+フューチャースケープ建築設計事務所によるビデオ作品
『worldwide tokyo-lization project』

“Tokyo-Lized”された各都市の町並みは猥雑で、視覚的なノイズで埋め尽くされた風景になってます。
でも平和な感じ。

くわしくはこちら>>

またはこちら>>

2016年8月3日 建築

カスタムカーとそれを制作する人を紹介する本『The Drive』のプロモーション映像だそうです。

いつか、クルマのUIはアップルやGoogleが独占する時代が来るかもしれません。
それとともに、クルマ自体のデザインも大きく変わっていくのではないかと思っています。

工業デザインは、いつかそのプロセスが標準化されて、webやグラフィックデザインのようにオープンでコモディティ化したものになるのでは・・・と想像してみます。

ほんとうにそうなるかどうか解りませんし、私の理解はまったく間違っているかもしれません。

でも、オープンになった先にあるクルマのデザインはこういうカスタムカーのような世界なのかもしれないと想像してみると、ちょっと楽しいです。

『The Drive. Custom Cars and Their Builders』>>
http://shop.gestalten.com/books/the-drive.html

Aino-Maija-Metsola

マリメッコの柄を手掛ける アイノ-マイヤ・メッツォラ によるイラスト。
とてもいいです。

本の著者はヴァージニア・ウルフという戦前のイギリスの女性小説家だそうです。

くわしくはこちら >>

マリメッコ>>

アイノ-マイヤ・メッツォラ のサイト >>