tao-chien_01

tao-chien_02

子供の頃に工場地帯に住んでいたせいなのか、こういう風景写真が好きです。
写真家 scott newett さんのパーソナル・ワークだそうです。

他の写真はこちら >>

scott newettさんのサイト >>

2016年7月28日 写真

cy_twombly_DIC

去年、原美術館での展示が忘れられなくて、千葉のDIC川村記念美術館まで見に行ってきました。
写真もいいけど、やっぱりドローイングが良かったです。

ドローイングと写真の関係性はハッキリとは解りませんでしたが、ドローイングも写真のどちらかからも「色」と「形」についての独特な視点とセンスの良さに圧倒される感じでした。

写真は、なぜかリュック・タイマンスの絵が思い出されます。

『サイ・トゥオンブリーの写真-変奏のリリシズム-』>>

2016年7月25日 アート

Yokainoshima

ヨーロッパ各地の異教徒のお祭りの衣装を紹介した写真集「Wilder Mann」の写真家チャールズ・フレジー さんの新しい写真集。

ちょっと作り過ぎなのでは? とも感じますが、魅力的な写真。
民俗学的な堅苦しさを抜き去ったフラットな画面に、神聖さと俗っぽさ、畏敬と親しみ とかが混在する感じがいいです。

『Yokainoshima(妖怪の島)』>>

【過去記事】ヨーロッパ各地の異教徒のお祭りのための衣装 >>

2016年7月25日 写真

blade_runnner_2_concept_art

これぞ『ブレードランナー』といった世界観を重厚に受け継いでいるようで楽しみです。

前作『ブレードランナー』のシド・ミードのスケッチ集が無料公開されてます。

乗り物やアイテムの「リアルな」デザインが素晴らしいです。
メカや服や内装の緻密なデザインが『ブレードランナー』の世界観が支えられていました。
これがショボいデザインだったら、どんな映画になっていたか想像してみるといいかも。

balde_runner_sletchbook

『ブレードランナー2』のコンセプトアート >>

『Blade Runner Sketchbook』 フリーダウンロード >>

2016年7月20日 映像・映画

最初にパワポ批判で始まるところから好感が持てます(笑)

グラフィックデザインの大切なことをユーモアを交えながら、とりとめなく話してます。
「煙に巻く」といった感じの講演。

この1年くらいの日本国内グラフィックデザインの騒動や失墜を見たせいかもしれませんが、グラフィックデザインが社会に対してどういったスタンスをとるべきなのか、あらためて考えさせらました。

過去の自分の作品を紹介しながらの講演ですが、自画自賛にならないところがセンスの良さでしょう。

日本語字幕ついてます。

これもまたシンプルにフラットになりました。
MasterCard から mastercard へと変わって記号的に。

mastercard_logo

重複する円という親しまれた造形要素をシンボリックにしたのはさすが。
ここに「新しいアイデア」は必要ないことを、ちゃんと理解して実践できることが、ブランディングの正しい判断。

重複した箇所の横線が印刷には有用だったけどネットではむしろ邪魔になったということのようです。
デジタルに適応したロゴになったけど、どこか60年代風なのも好感。

手掛けたのはPentagram。いい仕事してる。

Pentagramのサイト >>

無神経で無理な注文をして、タダにしてくれと言い出す(苦笑)
とても厄介なお客さんのコメディ動画。シリーズになってるようです。

誇張していておもしろいけど、こんな人はホントにいたりする。
関わりあいになるだけ時間と労力の無駄ということのようです。

today_meets_yesterday

デジタル社会、ネットワーク社会、ソーシャルネットとかが登場する前と後をピクトグラムでシンプルに表現し多本。どのピクトグラムもうまく言い得ていそうな感じ。

そういえば、そうだったな〜・・・という気がしてきます。

Yang Liu. Today meets Yesterday >>

2016年7月13日

DIESEL_Jogg_Jeans

こういう「工夫したサイト」もいいですね。

ユーザーのためだということで、よくあるライブラリーやワークフレームから1ミリも外れないで作ったサイトばかりになったら、webはホントに死んでいくかも。

DIESEL Jogg Jeans

Ed_Ruscha_STABDARD

金融グループUBSのコレクションの展示ですが、展示全体を通したテーマのようなものはなく、個々の作家の作品群の一部を作家ごとの部屋に分けて展示している感じでした。

テーマがないのは、むしろ良かったのかもしれません。
ずっとまえに自動車会社ベンツの現代美術コレクションの展示を見たのですが、クルマとか移動とかのテーマがあるうえに、子供向け現代美術紹介ワークショップのような取り組みもあって、なにかむしろ邪魔に感じました(笑)

いずれにしても、さすがお金持ち企業のコレクションです、見応えはあります。

エド・ルーシェイがとくに良かったです。
あまり知らなかったのですが、ポップアートらしい軽妙でコマーシャルな雰囲気ながら、皮肉っぽく、乾いた感じのユーモアがあって楽しい作品でした。

『12 Rooms 12 Artists UBSアート・コレクションより』>>

2016年7月10日 アート