独自のセラミック素材だそうです。プランターの中で植物が素材の表面で生育できるように、適度な多孔性と吸湿性があるそうです。
表面の形状は植物が発芽/成長しやすいようにパラメトリックデザインの手法が用いられているそうです。

素材感もいいです。
植物を育てなくても、加湿器のように使えそうな気もします。
テーブルに置くときには、受け皿を敷いておく必要がありそうな気もします。

KICKSTARTERで出資を募っていて、目標を大きく上回る支援があったようです。

terraplanter – visibly follow the journey from seed to plant >>

バルセロナとロンドンを拠点とする広告制作会社CANADAでは、過去に制作した映像を再編集したそうです。外出できない日常の退屈を肯定的に創造的に捉えるメッセージになってます。

「退屈は時々起こるもので、何も悪いことではありません。退屈しても罪悪感や不安を感じず、そこから生まれるポジティブなことを楽しむことの方が大切です。」

「退屈は間違いなく過小評価されています。それは反省と創造性の種になるので、私たちはそれを保護する必要があります。」

いま、映像やグラフィックの広告制作は仕事が止まっていて、CANADAのような世界的な制作会社でも新しい仕事がなく「何も作っていない状態」だそうです。

コロナ後の世界で、いままでと同じような広告を作っていることができない時代になるのかも。

Canada’s latest film delves into its archive in an attempt to raise spirits and remind us that boredom is OK >>

2020年5月25日 映像・映画

身振りでブラウザの上のオブジェクトを操作するデモ

下記のリンク先でパソコンでカメラの使用を許可してお試しください。もちろん録画や別ユーザーからの閲覧はありません。
左上に「PoseNetモデルが読み込まれました」が表示されたら、パソコンのカメラに手を振ってみると、手の動きに合わせてパーティクルが動き回ります。

画面上に映像は表示されていませんが、カメラからの映像のあなたの手の位置を判定して、画面内の手の位置にパーティクルが引き寄せられています。
両手を使えば両方の手の位置で引力が発生します。もう一人いればさらに引力の発生箇所を増やせます。

ml5.js という機械学習のライブラリで映像のなかの手首の位置を検出してくれました。
いろいろな使い途がありそうです。

まだ全然うまく動かせませんが、ブラウザ上のオブジェクトがジェスチャーで操作できるのは、ちょっとおもしろいです。

こちらでお試しください。
gesture attraction | ジェスチャー アトラクション | p5.js+ml5.js Generative Desig >>

2020年5月20日 UX / UI

チャマイエフ&ガイスマー&ハヴィヴ がデザインした 米国オリンピックパラリンピック博物館のアイデンティティ

米国オリンピックパラリンピック博物館のムービーの一部

米国オリンピックパラリンピック博物館

米国オリンピックパラリンピック博物館のポスターグラフィック

米国オリンピックパラリンピック博物館のパンフレット

米国オリンピックパラリンピック博物館のグッズ

難しい仕事だったと想像できます。
アスリートの躍動感、オリンピックの精神、五輪イメージとの連動、など多くの要件が盛り込まれているそうです。
そのうえで、政治キャンペーンのように見えないこと、アメリカの応援団のようにならないこと、という課題もあったようです。

デザインされたアイデンティティは要件を完璧に満たしたうえで、その精神を反映させていると思います。
簡潔なシルエットは風になびく聖火を連想させます。すばらしい仕事です。

社会常識や良識とともに造形力を発揮できるデザイン会社は、いつの時代も変わらず、適切で永続的に良い仕事ができるのでしょう。

元記事はこちら
New Logo and Identity for USOPM by Chermayeff & Geismar & Haviv | Brand New >>

【関連記事】

伝説的グラフィックデザイナー、アイヴァン・チャマイエフのインタビュー記事 >>

世界的な有名企業のロゴを手掛けてきた83歳の現役グラフィックデザイナー、Tom Geismarのインタビュー記事 >>

『Let It Bleed』のジャケットをデザインしたデザイナー、ロバート・ブラウンジョンのアーカイブが公開 >>

シャッタースピードと絞りはマニュアルです。

まだちょっと不格好な感じもするけど、もうすぐブレイクスルーが起きそうな感じ。
だんだん良くなってる気がする。

撮影された画質がいい味です。
動画やタイムラプスもできるようです。

kickstarterで出資を募ってますが、集まった出資額の多さからも期待が大きいことがわかります。

I’m Back® 35 – An 50’s camera that takes digital photos? >>

「I’m Back 35」でフィルム一眼やレンジファインダーをデジカメ化–99%に装着可能 >>

2020年5月12日 写真

すべての点には引力があって、お互いに引き寄せあっています。
赤い点が感染者で青い点が非感染者です。

青い点は赤い点に1秒間接触しているごとに約10%の確率で感染します。
赤い点は7秒間で回復して青い点に戻ります。回復したあとも再感染します。
赤い点は回復までの7秒間に約2%の確率で死亡します。

再読み込みごとに、最初の人口が50〜700人の間でランダムに、最初の感染者数は1〜5人の間でランダムに設定されます。

お互いに引き寄せあう点は時間がたつとクラスターを形成します。
画面内をクリックするとクラスターを分散させることができます。

死亡者数を増やさずに、感染者数を0にできたら封じ込め成功です。

コロナウイルスの性質や影響を正しく反映しているものではありませんが、ソーシャルディスタンスが大切なことは間違いなさそうです。

infection spread | 感染拡大シミュレーション | p5.js Generative Design >>

■参考資料
https://www.openprocessing.org/sketch/868181
クリエイティブコーディング入門 技術評論社

【関連記事】
独学Processingの趣味的なたのしさ

ニューヨークタイムズの新型コロナを報道するためのレイアウトラフ

ニューヨークタイムズの新型コロナを報道するためのレイアウトラフ

ニューヨークタイムズ紙のクリエイティブディレクター兼チーフクリエイティブオフィサーのTom Bodkin さんのインタビュー記事です。
前例のない状況を伝えるために、自社の紙面レイアウトの規定を破ることにしたそうです。

「このアプローチはニュースのためです。クレイジーでドラマチックなことをするためではありません。型破りなことをするのはニュース・バリューが破格だからです。」

ページ全段を突き抜ける失業者のチャート。
新聞題字の上まで伸びる死者数のグラフ。
の紙面のレイアウトラフのようです。
新聞題字の上のスペースには印刷できないので、題字を少しだけ下に下げたそうです。
前例のない状況のなかで適切なレイアウトを毎日考えるのはスゴい仕事だと思います。

元記事はこちら
How the ‘New York Times’ is capturing the unprecedented impact of COVID-19 >>

コロナウイルスで封鎖が続く英国の映画業界やエンタテイメント業界。
そこで働くフリーランスの人たちの窮状を訴えるプロモーションムービーだそうです。

「私たちは、この危機にてあなたとあなたの愛する人に情報提供したり楽しませたたりするスクリーンの後ろにいます。しかし、私たちの仕事や生活は不安定です。私たちはスターではありません。高給はありません。そして今、私たちのすべての仕事が停止しました。私たちは政府の支援の対象になりません。収入がありません。緊急の政府の支援がなければ、これで終わりです。」

彼らが救済されて、彼らの仕事が続けられますように。

くわしくはこちら >>
‘Forgotten Freelancers’ Highlighted in U.K. Campaign for Coronavirus Financial Support

タイムズスクエアに掲げられた、著名グラフィックデザイナーによるコロナ対策キャンペーンビジュアル

著名グラフィックデザイナーによるコロナ対策キャンペーンポスター

ミルトン・グレイサー、マイラ・カルマン、ポーラ・シェア など有名グラフィックデザイナーが参加してます。

先日観た ディーター・ラムズのドキュメンタリーのなかに出てきた「セレブ・デザイナー」という言葉も思い浮かびますが、いまできることをやるのは善いことのようにも思えます。

それぞれのグラフィックは下記のリンクで見ることができます。
21 #CombatCovid Posters From Paula Scher, Maira Kalman & More >>

1993年から3年間のプロジェクトだったようです。
PDCAの手法が未熟な子供の遊びに思えてきます。

18世紀創業の伝統的なKPMのクラフトをどのように現代に転換するのか。
というプロジェクトだったようです。

「手で創る」ことを前提としながらも、手作業の実行時間を最小限にすることを目指したようです。
リサーチして、研究して、「壊す」ことまで含めた実験をしていること。
「印刷された装飾は手作りといえるのか」というようなテーマも検討したそうです。

エンツォ・マーリが考えたこと、取り組んだこと、実践したこと、どれも理にかなったアプローチに思えます。

ずっと前にエンツォ・マーリの「プロジェクトとパッション」という本を読んだ時はあまり理解できなかったのですが、少し理解できた気がしました。

元記事はこちら
enzo mari design history: craftsmanship as utopia, porcelain vases and decoration for KPM >>

2020年4月20日 デザイナー