cosmo_bruchure

マジカルでミステリーなドライブに行けそうです(笑)

オーストラリア向けのカタログらしいです。
今の時代のクルマのカタログには、まったくそぐわないデザインですね。

詳しくはこちら
http://autofrei.wordpress.com/2011/10/04/tadanori-yokoos-1968-mazda-cosmo-brochure/

climbing_stairs

「CLIMBING STAIRS(階段をのぼる)」という、シンプルなコトバを読むことが困難なことがあるように、シンプルなことが困難になったら・・・というメッセージのポスター。

ブラジルの広告らしいです。いいですね。

ほかのバリエーションはこちら
http://www.ibelieveinadv.com/2012/10/apr-rehabilitation-society-from-parana-contrast-sidewalk-contrast-last-bus-contrast-elevator-contrast-clothes-contrast-stairs/

graphics-location

ちょっとおもしろい記事でした。
なるほど、コンテクストと造形のイタチごっこかもしれません。

ポスターは媒体としては消えつつあると思っていますが、
ポスターにおけるグラフィックデザインのテクニックへの信仰は衰えません。
よく考えると、不思議なことかも。

『グラフィックについての、環境と形状の話』
http://maka-veli.com/graphics-location.html

where-letters-come-from

ホントなのかな?
記号化されていく中で、逆になったり横になったりしてるのは、ちょっと興味深いです。

http://therumpus.net/2012/09/where-letters-come-from/

linkedin_cubicle_dinosaurs

LinkedIn が18カ国、7000人から調査した結果のインフォグラフィックそうです。
くわしくは、こちら
http://blog.linkedin.com/wp-content/uploads/2012/09/Cube-Dino.jpeg

未来のオフィスにあるものの予想とクリエイティブなオフィスに導入したいアイテムもオモシロいです。

20年前なら、オフィスに1人1台のPCがあってインターネットに繋がってるなんて、夢のようだったでしょう・・・。
もしかしたら、5年後にいらなくなるのは、オフィスそのものかも・・・。

komura_settai

粋でモダンな装丁。カッコ良かったです。
洗練された色と線。

会期中にもう一度見に行くかも。

チャーミングなイラストです。
ボブ・ギルみたい。

しゃべってるのは、ロリー・サザーランドという世界的に有名な広告マンだそうです。

murakamiharuki_noma_bar1

中央の円のモチーフと3色のカラーパレットによるアイデンティティ。
イラストレーター Noma Bar によるイラストです。
物語を感じさせてくれます。
村上作品の熱心なファンだったら、もっと楽しいのでは。

親しんだロゴのご冥福を祈る本のようです。
今のロゴよりも造形的に高いレベルにあるロゴもあると思う。
本の造りも良さそう。

くわしくは、こちら
http://logorip.com/

channel_4

関連チャンネルもあるし、モーショングラフィックもあるし・・・。
英語でよくわからないけど、あとでじっくり読んでみよう。

http://blog.networkosaka.com/?p=529