いいロゴ、ふさわしいロゴ。

自由、発見、創造、イノベーション、オープン、セキュリティ、尊重・・・
wwwの黎明期を牽引したブラウザーのブランドがそういう矜持を示すのは良いことな気がします。

オリジナルのフォント名は「Zilla」
オランダのTypotheque社が制作したそうです。

このブランドロゴはHTML5のマークのようなものとして、インターネット社会に受け入れらることを望んでるみたい。

ちょっと残念なのは、iPhone、SNS、アプリなどの登場でURLの存在がユーザーから忘れられようとしているかも。

Mozilla Open Design
branding without walls >>
https://blog.mozilla.org/opendesign/arrival/

モールス信号のビジュアル言語をモチーフにして、幾何学形態で構成されたロゴは、CSSで描画できて、GoogleFontsを使っていて、だれにでもオープンであることを体現しているそうです。

素晴らしいアプローチ。

dotdotはIoTの標準言語をオープンソースで目指す ジグビー アライアンス のブランドのようです。

くわしくはこちら >>
http://www.itsnicethat.com/news/dodtot-wolff-olins-zigbee-branding-100117

これ以上ないほどシンプルな記号の組み合わせ。
英語とフランス語が公用語であるカナダでは、このような明快さが有効のようです。

生死に関わる病気についての活動に相応しく「救急」のイメージもあり、また、親しみやすさと「希望」のイメージを併せ持ってます。いいデザインです。

heart_stroke_identity_011

heart_stroke_identity_021

heart_stroke_identity_031

heart_stroke_identity_041

heart_stroke_identity_051

1952年に設立されたハート&ストローク財団は、心臓病と脳卒中(stroke)の予防に尽力するカナダの慈善団体です。
ハート&ストローク財団ではなわとびや自転車などのチャリティも続けているそうです。
それらにも共通したアイデンティティを実装できるような、包括的なガイドラインがあるようです。

くわしくはこちら >>

kodak_logo

懐かしい「K」が戻ってきました。
こういうリバイバルなリニューアルが流行ってるようです。

左が旧ロゴ、右が新ロゴだそうですが・・・
正直言って旧ロゴのイメージがないです(笑)

コダック社の再興の願いを込めたリニューアルだそうです。

たしかに、新ロゴはネットやアプリの環境に適した要素を持ち合わせてる。

手掛けたのは WORK-ORDER >>

くわしくはこちら >>

【関連記事】イギリスの生協『The Co-operative Group』のロゴが1968年のロゴに戻った

3年前にロゴの小変更をしましたが、今度はブランディングを根本から考え直したようです。

以前のロゴは「ウェブサービス」って感じでしたが、今度は「ミュージック!」って感じになりました。
とくにアプリ向けのアイコンはそんな印象。

相変わらず、日本からは利用できないようです。

PANDORA_icon

PANDORA_logo

くわしくはこちら >>

【関連記事】PANDORAのロゴが新しくなって、iPhoneアプリも新しくなって、日本でクルマに関わる展開を計画中らしい

Imagen-identity_01

Imagen-identity_02

Imagen-identity_03

Imagen-identity_04

シンプルで理にかなったシンボル。
頭文字の「i」でもあり、このテレビ局の理念である「一体性(inclusion)」と「多様性(diversity)」という2つのテーマを表現しているそうです。
すばらしいです。

メキシコは2つのメジャーなテレビ局が独占的な状態だそうですが、そこに第三勢力として登場したTV局だそうです。

くわしくはこちら >>

【関連記事】伝説的グラフィックデザイナー、アイヴァン・チャマイエフのインタビュー記事

【関連記事】世界的な有名企業のロゴを手掛けてきた83歳の現役グラフィックデザイナー、Tom Geismarのインタビュー記事。

傾いた「E」はそのままにして(善し悪しは置いといて)アイデンティティを継承してます。
いまどきの巨大テクノロジー企業らしくミニマルでフラットなデザインになりました。

モッサリとした印象のロゴからややスマートになったものの、薄味になった感じも。
外円と文字のエレメントが均等だからかな?

以前のロゴは評判が悪かったようですが、個人的には好きなロゴでした。

それにしても・・・、
DELLによるEMC買収によって、
DELL Technologies
DELL EMC
DELL
の関係がわかりにくいです(苦笑)

DELL Technologies のブランドサイト >>

くわしくはこちら >>

Its_OK_Book_01

Its_OK_Book_02

Its_OK_Book_03

ロサンゼルスのデザイナー/クリエイティブ ディレクターの Ozan karakoc さんのポートフォリオ。
OK. はイニシャルでもあるようです。

本のデザインも良いですが、
なによりもブランディングにおいて「It’s OK.」という姿勢がとてもいいと思います。

Ozan Karakoc Design Studio, Inc. / Portfolio — It’s OK Book >>

いままでのスキューモーフィックなアイコンからミニマルにフラットになってます。
「カメラ」というモチーフをどのように造形に落とし込むかに腐心した様子がうかがえます。

Uberとかよりはずっといいリニューアル。

くわしくはこちら

ルイ・ヴィトンのアーカイブとその歴史をたどる展示。
これほどのブランドイメージを形成していることのスゴさを、15もある各テーマごとの部屋で圧倒されるほど体感できます。

ルイ・ヴィトン製品は持ってないのですが(苦笑)。
トランクのクラフトマンシップからはじまって、旅、ファッション、ラグジュアリー と広がりを獲得してゆくブランドの歴史に興味深いものがありました。

19世紀から20世紀前半にかけて、自動車、飛行機、映画 などの当時の最先端テクノロジーだったであろう分野と積極的に関わりあってきた歴史が見てとれます。

現代だったら、スマホアプリやSNSやIoTとかになるんでしょうか?
ちょっと、ロマンのない感じもしますが。

くわしくはこちら