コロナ禍の2021年トレンド予測「2021年は21世紀を再定義します。」『Fjord Trends 2021』

Fjord Trends 2021

毎年恒例ですが今回は先の見えない年のトレンド予測です。とても勇気あるレポートだと思います。この年末年始によく読んでみようと思います。
コロナ禍の不安や孤立に寄り添うように、精神論的でヒーリング調のストーリーになってる気がします。
そんな状況下で企業とブランドは、何を考えて、何を打ち出して、何をするか、を解説しています。

「元に戻る」のでも「コロナ後」でもなく「この状況は続く」として、「What’s going on? (何が起こっているのか?)」を分析して「What’s next?(次はどうなるのか?)」を予測してるようです。

■集団的変位
コロナ禍は、私たちが働き、学び、買い物をし、遊ぶ方法や場所、そして私たちが住む場所さえも大きく変えてしまいました。
集団的な変位は人々の行動に多大な影響を与え、多くの企業は、これまでよく知っていた顧客が変わってしまったという事実に直面しなければなりません。
まず、ブランドは情報収集がどのように変化してきたかを理解しなければならない。
第二に、ブランドはショッピングが一日の中で、デバイスをまたいで、多くのミクロな瞬間にまで広がっているという事実に対処しなければならない。
ソーシャルメディアはこれらの瞬間の多くのきっかけとなり、人々が購入するかどうかに影響を与える可能性が高い。
第三に、物理的なタッチをデジタルで再現したり、置き換えたりする必要があります。
最後に、ブランドは没入型のアプローチによって喜びを提供する方法を探さなければならない。
すべてのコミュニケーションにおいて、希望に満ちたトーンとメッセージングを選択し、文脈に合わせてミックスしましょう。

■自分でイノベーションを起こす
解決策を提案するのではなく、ツールを提供し、人々が自分の生き方をより創造的にできるようにすることで、組織がイノベーションへのアプローチを再考することが急務となっています。
デザイン業界では、可能な限り最高の製品やサービスを実現するために、人々と一緒に共創することの美徳を長い間説いてきました。しかし今、組織は共創をアウトプットとして考え始めなければなりません。
クリエイティブチームはエコシステムのアプローチをとって、製品やサービスを構築できるプラットフォームを設計・構築しなければなりません。
顧客に焦点を当てていたものを、共創者に焦点を当てているものに変えてみましょう。
顧客があなたのデータを使って、あなたの製品やサービスだけでなく、他の人と一緒に遊んだり、創造したりできるプラットフォームを設計・構築しましょう。

■素敵なチームはこれでできている
かなりの割合の労働者にとって、在宅勤務はオフィスでの生活になっています。
机、椅子、コンピュータ、インターネットアクセスなど、必要なものの多くの費用は雇用主が負担してくれると思っていましたが、多くの人はこれらの費用を自分たちで負担しています。
また、従業員は、職場に物理的に存在することの周辺的な価値、すなわち社会的資本、知識の移転、ソフトスキル、実地経験などは失われています。
リモートワークの倫理について考えてみましょう。雇用者は、各労働者の自宅は個人のスペースであり、プライバシーと自由が重要であることを認識してください。
職場では当たり前のことが、家庭でも当たり前になるのでしょうか?
柔軟な働き方のために、テクノロジーと文化を融合させたソリューションをデザインしてください。

■インタラクション放浪記
私たちが数え切れないほどの時間をスクリーンの上で過ごして世界と交流する中で、デジタルにおけるテンプレート化されたデザインが引き起こすある種の同質性に気づくことがあります。
企業やブランドはデザイン、コンテンツ、視聴者、そしてそれらの間の相互作用を再考し、スクリーン体験に大きな興奮、喜び、セレンディピティを注入しなければなりません。
カメラや編集ツールの低価格化と品質の上昇に伴い、プロとアマチュアのコンテンツ制作者が中間で出会い、互いに影響し合いながら、新しい美学の基準を作り始めた。しかし、ユーザーインターフェースキットやデザイン言語の標準化などにより、UIデザインは単調になりつつあります。
このようなイノベーションの欠如は、拡大し続けるスクリーンの上で過ごす時間を退屈なものにしています。
時代遅れの規範や制限的なデザインテンプレートから脱却したブランドは、差別化を実現することができます。
インターフェイスとコミュニケーションにおける創造的なリスクを取ってください。同質性の海に溺れないでください。
エンゲージメントを広げるために何ができるかを理解するために、新しいエンターテインメントのプラットフォームや美学を探求してみましょう。

■リキッドインフラ
物理的な店に直接行く人が減り、都市のハブは減少しました。集団的変位のトレンドが示すように、自宅が新しい店舗となっています。
企業は新しいビジネスモデルと価値提案を模索すべきである。
企業はサプライチェーンを成長の原動力として考える必要があります。そのためにはサプライチェーンをより柔軟に対応できるようにする必要があります。

■共感チャレンジ
2020年には、不平等に対する懸念が急激に高まっており、組織にとっての課題となり、どのように対応すべきかという問題が提起されています。
企業に必要なのは、実利主義と共感を融合させた新しいアプローチであり、善意の意図を確実に実行できるようにすることです。
人々は自分が働いている組織や、自分が使用している製品やサービスの目的や倫理にますます関心を寄せています。
これまで以上に物語をうまく管理することが重要になってきています。
長年にわたり、DesignThinkingは共感性を「傾聴」と同一視することで、簡単にリストから外すことができるようにしてきました。しかし、共感はただ聞くだけのものではありません。共感とは行動の仕方なのです。つまり、デザイナーはリアリティを作るだけでなく、コミュニケーションの専門家と協力して、物語をどう管理するか、そして物語を豊かにするためにどのようなツールを使うかを考えなければならないのです。

■失われた儀式と発見された儀式
私たちの多くは、かつて楽しんだ生活の儀式を惜しんでいます。セレモニー、お祝い、ルーティン、日常生活に関連した伝統にまつわる共有された感情的な経験は、家族や友人、仕事、地域社会、そしてより広い社会の中で私たちを結びつけています。
あまりにも多くの変化に伴い、新しい意味を再評価し、模索する時期となり、多くの人が新しいルーティンの中で喜びと安らぎをもたらす新しい儀式を開発するようになりました。
人々が新しい予期せぬ状況での生活を助けるための新しい習慣、儀式、対処戦略を望んでおり、必要としていることは明らかです。
ブランドは、失われた儀式によって残された空白の空間を理解し、それに代わる体験を提供しなければなりません。
「ポータルとしての儀式」「帰属意識としての儀式」「快適さとしての儀式」「アンカーとしての儀式」がブランドが新しいものをデザインする際に考慮すべき儀式の4つの役割です。
顧客には、私たちは生活の中に何らかの「正常さ」を見つけるために一緒にいるということを認識してもらい、それを誠実に伝えましょう。
失われたものから発見されたものへと移行するための儀式を奨励しましょう。人々がより関連性を感じられるようにしましょう。

Fjord Trends 2021 >>

そのうち日本語訳も出るかも。

Leave a Comment

2020年12月21日 アイデア