チャマイエフ&ガイスマー&ハヴィヴ の60周年で、あの伝説的ロゴのスケッチが解説付きで公開。

mobil-logo_02

解説が読み応えありです。
1957年に、ロバート・ブラウンジョン、イワン・チャマイエフ、トム・ガイスマーがブラウンジョーン・チェマイエフ&ガイスマールを結成して、モダニズム的なアプローチのデザインを続けて60周年だそうです。

「良いデザインがアイデアから始まるという前提を受け入れるならば、このアイデアを視覚に変換する最良の方法は、通常手持ちの鉛筆やペンを使用することです。」

この10年くらいでいろんなデザイン・アプローチが提唱されて、流行っては古くなって消えていきますが、
こういうモダニズム的なアプローチが時代を超えてデザイン成果を生めるのは、そのアプローチがデータやツールやテクニックではなく、なによりも人の能力に根差しているからでしょう。

くわしくはこちら >>
http://www.logodesignlove.com/chermayeff-geismar-haviv-60-years

関連記事はこちら

伝説的グラフィックデザイナー、アイヴァン・チャマイエフのインタビュー記事。
http://designers-union.com/blog/archives/3874

Chermayeff & Geismar & Haviv が手掛けたメキシコのテレビ局「Imagen」のアイデンティティ
http://designers-union.com/blog/archives/5931

『Let It Bleed』のジャケットをデザインしたデザイナー、ロバート・ブラウンジョンのアーカイブが公開
http://designers-union.com/blog/archives/5521

Leave a Comment