new_planet_photo_city_001

new_planet_photo_city_002

new_planet_photo_city_003

new_planet_photo_city_004

ウィリアム・クラインの展示は思ったよりも少なくて、若手写真家の作品が多い展示でした。
別の時代のさまざまな視点からの都市をテーマとした作品。

作品はおもしろかったのですが、正直な印象として「都市」をテーマとした展示はどこか虚しい感じもしました。
インターネット後の世界で都市のテーマは簡単ではない気もしますが、デザインの分野ではここ数年は都市がテーマになることも多いようで、何か変わってきてるのかも。

「写真都市展 −ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち−」

2018年4月17日 写真

Reuben_Wu_001

Reuben_Wu_002

Reuben_Wu_003

ありえない光が幻想的で美しいです。

山頂に描かれた光の円よりも、山並みを浮かび上がらせている不自然な光がいいです。
写真と虚構といった感じです。

写真家 Reuben Wu さんの作品。
他の作品もかっこいいです。

REUBEN WU >>

元記事はこちら
Long Exposure Photos Capture the Light Paths of Drones Above Mountainous Landscapes >>

2018年3月7日 写真

RK_1

撮影から後処理までiPhoneだけでやってるそうです。
撮影したのはフォトグラファーでグラフィックデザイナーでDJのRKさん。

iPhoneで撮影するのに相応しい感じ。
iPhone写真はひとつのジャンルになるのかも。

RK さんのサイト >>

元記事はこちら。さらに多くの作品が紹介されてます。
“Discover Tokyo”: Stunning Candid Street Photos Of Tokyo By RK >>

2017年12月15日 写真

vending_machine_03

vending_machine_01

vending_machine_02

vending_machine_04

世界の果てで意味もなく美しい感じが、とてもいいです。
写真家 大橋英児 さんの作品。

モノクロのシリーズもあって、そちらもいいです。

写真集「Roadside Lights」>>

ウェブサイト EIJI OHASHI-Photographer >>

元記事はこちら >>

2017年10月10日 写真

bpoty2017_01

bpoty2017_02

bpoty2017_03

ただの鳥の写真ではなくて見応えあって、おもしろいです。

ほかの受賞作はこちら
Winners 2017 | Photocrowd Photo Competitions & Community Site >>

2017年9月5日 写真

全然知らない写真家でしたが見に行ってよかったです。
絵画的で広告的。自分の周囲を対象にして撮り続ける姿勢や、反骨心とか、皮肉とかユーモアとか・・・。
超有名ファッション誌の黄金時代の写真にも、どこか人情味がありました。
なにより、カラー写真がいいです。

saul_leiter

くわしくはこちら >>

2017年5月8日 写真

SonyWorldPhotographyAwards2017

見応えあるフォトギャラリー。
Open Competition Winners の作品が瑞々しい感じでいいです。

SONYのカメラは使えるレンズも豊富で、とくに動画撮影でいい・・・
という熱のある話を聞いたのであらためて勉強する必要がありそう。

『Sony World Photography Awards » Winners Galleries » 2017 Winners & Shortlist』

2017年4月9日 写真

World_Press_Photo_of_the_Year_2017

80408点から選ばれた1点がこちら。
Burhan Ozbilici が撮ったトルコのロシア大使暗殺現場。
恐ろしい憎悪と怒り。

この写真に賞を贈ることには、道徳的な問題やテロリストのメッセージを拡散させるのでは・・・といった危惧も議論されたそうです。
報道写真にもそういう配慮は必要なのかも。

他の受賞作は下記で見ることができます。美しい写真もあります。

World Press Photo Contest 2017 – winning pictures >>

World Press Photo >>

2017年2月15日 写真

the_night_bus_011

the_night_bus_021

the_night_bus_031

the_night_bus_04

the_night_bus_051

暗いところから長いレンズと遅いシャッタースピードで湿気の多いバスの中を撮影した写真。
美しいです。

寝ていたり、本を読んだり、スマホのメッセージを見たり、ただぼんやりしていたり、乗客たちはそれぞれ自分の世界にいて、職場と家庭の間の曖昧な領域を「職場の人」から「家庭の人」へと変身しながら移動していく・・・という写真たち。

なぜか、高田渡の「夕暮れ」という曲を思い出します。

こちらで購入できるようです >>

くわしくはこちら >>

2016年12月4日 写真

TIME_100photos

歴史的に有名な写真たち100点。
物語に溢れていて、ドラマチックで見応えあります。

これら100点を選出するにあたっては、歴史家、フォト・エディター、キュレーターに意見を聞いて、さらにTIMEの記者や編集者に確認して、写真の撮影者、写真に写っている人物、その家族や友人にインタビューしたらしいです。

どのように撮影されたのかドキュメンタリー番組のように動画で紹介されてます。

TIME 100 PHOTOS|The Most Influential Images of All Time >>

2016年11月23日 写真