世界有数の広告代理店であるOgilvy UKはソーシャルメディアの悪弊に対抗する取り組みとして、顔や体を画像修正するインフルエンサーとはブランドキャンペーンにおいて提携しないことを発表しました。

Doveのキャンペーンを手掛ける広告代理店として正しいと思います。
また、英国では「デジタル加工ボディイメージ法」というのが審議されているそうです。

「消費者はマーケティングの「真実の側面」をインフルエンサーに期待するが、彼らのイメージがいかに歪んでいるか、それは今やSNSを頻繁に使う人々にとって「有害」になっている」とのことです。
たしかに、ブランドのキャンペーンを展開するには相応しくない風潮です。

インフルエンサーが画像のコントラストや明るさを調整することはOKだが、モデルの肌や体のレタッチについてはNG。
インフルエンサーのコンプライアンスを確保するために、写真がレタッチされたり歪んだりしたことを検出する「InfluenceO」という技術を利用するそうです。

2023年から実施されるそうです。

Ogilvy Will Refuse To Work With Creators Who Airbrush Faces & Bodies In Photos >>

Proof of X – NFT as New Media Art 01

Proof of X – NFT as New Media Art 02

Proof of X – NFT as New Media Art 03

見に行ったのは連休最初だったけど、おもしろかったです。
説明してもらって、ありがたかったです。

誰でも奪い取って自分のモノにできるNFT
中身が空であることを明示したNFT
たまごっちのように繁殖するNFT
NFTのメタデータの標準化を目指すNFT

NFTが何なのか、少しだけわかった気がしました。

Proof of X – NFT as New Media Art >>

2022年5月9日 アート